PARIS FREEDAY



フランスの英雄ジャンヌ・ダルク日本の二宮金次郎並に、色々なところに像があるらしいです。



今日なぜフリータイムなのか・・・今日は土曜ですね!
パリは日曜になるとお店も一切閉まってしまうのだそう。
それで今日フリータイムなんです。
ほほぉ!さすがミスターハセガワ!





我々が泊まっているキリヤードホテルから見えるこの建造物・・・なんでしょう。
気になります。(後で調べたら駅舎みたいです。)







朝はベルサイユ宮殿へ出掛けます。

パリから20kmくらいでしょうか。
30分かからないくらいですぐつきました。
今日も快晴ですが、やや寒い。

カウベルみたいなイヤホン付けて〜

ヴェルサイユ宮殿は物凄い豪華な宮殿でした。

キンキラキン!

ベルサイユ宮殿について、全く知識のない私、、、







ルイ14世マリーアントワネットのことを解説してもらっても
ちん ぷんかんぷん。



全くダメです。
やはり予習は大事ですね。



しかし宮殿ってすごいですね!
広いし豪華!庭も素晴らしいです。

alt="" class="pict" />
建設中にお金がなくなって、豪華な彫刻ができなくなったので、柱の絵を描いたらしい・・・元祖張りぼて!?







悲しい絵ですね〜。幼い頃に亡くなったらしく、ゆりかごの中の子は
消されたらしい・・・。






マリーアントワネットの寝室。
寝るときは足を伸ばして寝ないらしいです。
足を伸ばして寝るのは死体と同じで縁起が悪いと
座って寝てたらしいです。
なので長さが短いですね〜。腰痛めますよ!



日本の和紙が大活躍です!絵の補修中。



ベルサイユ宮殿には、ダヴィッド作の戴冠式の絵2作品目があります。
後ろの方の女性の服の色がピンクなのです。





ルイ16世は、女性に興味はなく、鍵作りをしていたことや
ルイ15世は、女好きで子供がたくさんなど・・・
色々な話を聞きます。







さて再びパリに戻り、パリ三越で解散となりましてフリータイムです。
PHOTOSURVICEを発見しまして、ランチの時間でできないか聞いてみる
と、45分でできるとの事。




海外のプリントはどんなもんかなと注文しで見ることにしました。

受付機は基本的にはノーリツ鋼機CT-2と同じ。

受付機で、20ページ位のアルバムが注文できました。
アスカネットみたいな感じのアルバムで結構お洒落でしたが
時間がかかりそうなのでやめます。
ちなみにアルバムの値段は20euro




仕上がるまでランチをします。





オペラ座ガルニエ宮近くまでいきます。







オペラのチケットを買い求める人の列でしょうか?

La Madeleine

近くの「cafe madeleine」でランチです。



店先にたててある、看板メニューをみていると
「中?外?」
と、半ば強制的に連れて行かれます。



あ!これ益田の「のぶ」で飲んだ、うまいフレンチレモネードだ!



注文して待っていると、隣に座っていた日本人の女性2人多分学生
さんが、パリの男性にナンパされていました。

アナタハ カワイイ

ワタシハニホンスキデス

メールアドレス ヲ カイテクダサイ

と、そんな感じ。直球ストレートなナンパにお店の店員も加わり
大変そう。それでは口説けないでしょー。





さて、料理はとてもおいしく満足し、前に座ってた3歳のパリッ子
とも打ち解けてお店をあとにします。





写真を受け取り、見てみるとペーパーはフジフィルム
値段は31EUROと、日本に比べちょっと高めでした。



色はヨーロッパ調なかんじでなかなかよい。
店員さんも職人ぽくていい感じ。



さて、満腹になった事だし、シャンゼリゼ通りでショッピングをします。



地下鉄の中で、降りる寸前の女性に凱旋門の場所を聞くと
geogeV!」と叫んでくださって、地下鉄geogeV駅で降ります。



地上に出るとそこはエトワール凱旋門



LIDO(リド)ヴィトンなど華やかな通りをゆっくり、ルーブルにむけて
歩きます。

途中巨大なVirginやCDショップによりまして、
チェコの「Michal David」のCDを探しますがありません(−−;

可愛い店員さんにPCで調べてもらいますが、
小説家ならいますねーっと・・・。

やっぱりないかー。




途中切手やポストカードばかり売っている蚤の市を通りました。
奥さんが疲れてベンチで休んでいると、おじいさんが近づいてきて

「何を売ってるの?」

と、言ってきます。

「ノーノー、トラベラー」

と言うと、ちょっと残念、恥ずかしそうに去って行きました。











ひたすら歩き、着いたのはJeu de Paume美術館。



写真専門の美術館。長蛇の列で何とか中に入ると、意外に狭い感じ。

ただやはり、素晴らしい作品がならんでいます。
しかし、あまりに疲れていたので中央にあるソファーでぐったり。












次は地下鉄で、ヨーロッパ写真美術館(Maison Européenne de la Photographie)へ向かいます。ST PAUL駅でおります。



この界隈は下町and学生街な感じで多くの人で賑わっています。



ヨーロッパ写真美術館に行くと、各階で企画展をしています。



特に気にいったのは、Francois Rousseauの作品。



コマーシャルファッションぽい作品ですが、物語りがあって
素晴 らしく深い作品でした。

キラリを心から愛してるわたし、日本から持ってきてたキラリ写真家特集
号を、ヨーロッパ写真美術館の職員に渡しましたよ!



キラリに載っていた森山大道をみて、売店で売っていた森山大道のハワイ
を指差し、

「きみが、森山大道か?」

と、尋ねてきます。
まさか、とんでもない。。

そんな調子で美術館をあとにしました。

ちょうど一年前には植田正治さんの写真展もしていたのですねぇ〜。
http://www.newsdigest.fr/newsfr/content/view/1239/46/







近くでは、学生たちがサッカーをしていたり、昼寝してたり、
テンション上がりすぎてたりします。



フランスで人気スポーツ1位はサッカー、2位がゴルフ(確か)、3位乗馬らしいです。






この界隈は専門店が非常に多く、どの店もこじんまりしていてかわいいで
す。




ショッピングをしながら、歩いていると今どこにいるのか全くわかりませ
ん。






マシュマロみたいな感じのお菓子。ピスタチオ味です。







パリは迷路なのです。でもまたあとでどこを歩いたか見るのも楽しいです。




この人絶対ヤクの売人!!通りすがりのヒトからお金を貰い何か渡してますもん!怖い怖い!













毎度ながらTABACCHIで切手を購入。
葉巻も売っていました。
因みにタバコ一箱800円くらい!

奥様は靴を購入。小さかったとちょっと後悔。。






パリの街に沢山あるこれなんだろう?っと思ってたんですが
監視カメラというボクの予想ははずれ、巨大ゴミ箱でした。



広場にはこんな感じの遊園地があります。
メリーゴーランドも乗り放題。射的も日本と同じ感じです。








ちょうど腹も減ったし、軽いものを食べようとパニーニのお店へ入りまし
た。(SUBWAY)






パンから具からソースまで全てを選ばなくてはならないのは予想外でした
が、奥様の流暢な英語で切り抜けました。





MUJI無印良品LUSHBODYSHOP、日本食のお店も100m歩けば4件はあります。






「焼」って・・・なに焼ってんの・・・。


フランスのスーパーに寄って、パリっ子たちの日常は
どんな感じか、ちょっと体験します。



日本では見たことない、野菜など沢山ありますね!ホント



小さい白菜や、梨?りんご?よく分かりませんがたくさんあります。




疲れたぁ〜っと言う事で、地下鉄に乗って帰りましょ!



今回の乗り継ぎはかなり複雑です。

しかもみなさんギロっっとした目で少し怖いです。。

なんとか乗り換えも成功し、最寄の駅のスタバでコーヒー買って
無事にホテルに着きました。



明日はモンサンミッシェル!寝ましょ〜


映画にもなった、世界一のディナーショー「ムーラン・ルージュ」は
今日は貸切とのこと。

http://www.moulinrouge.fr

http://www.moulinrouge.fr/Videos/popup_spectacle.htm

どんなセレブが貸しきってるんだぁ!
円高のおかげで20000円チョイで見ることができるらしいです。
ミスターハセガワ一押しでした!






 

コメント
綺麗なお写真拝見しました。
さすが、カメラ屋さんですね

でも、写っているお子様とかご本人や親御さんに承諾を得られているのでしょうか??
ヨーロッパやアメリカでは、小さなお子様の写真を撮影するときは、必ず承諾を受けた方が良いんですよ。
写真が「誘拐」とか犯罪に使われる恐れがあり
無断で撮影していると、警察に通報され拘束されることが有るそうです

ご注意下さいませ。

  • 行きずりの漢
  • 2009/03/30 4:30 PM
行きずりの漢さま!
コメントありがとうございました!!
ほほぅ勉強になりました!

撮影するときは、親にニコッとして話しかけながら
撮影しました〜。

なかなか難しい問題ですよねぇ。
  • カヤノ
  • 2009/03/30 5:06 PM
楽しそうですね!
こちらも楽しませていただいてます。 
でも、ご指摘の点、肖像権等々、国内外問わずちょっと注意が必要ですね。
特にプロ写真家の場合は言い訳ができません。
  • hopper
  • 2009/04/01 3:27 PM
hopper様!お世話になっております!
肖像権って難しい問題ですよね。。
肖像権って法的にきちんと決められた権利ではないということですが、そこのところあやふやでいまいちですよね・・・。

hopper先生もiphoneにされたとお聞きしましたが、私も携帯は計算機を卒業しましたよ(笑)

今後ともよろしくお願いいたします。
  • カヤノ
  • 2009/04/01 3:33 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
背景、合成素材ならアマナイメージズ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
日本の世界遺産の素材が満載!アマナイメージズ