D500発表

ニコンからD500発表!!


ニコンユーザーではないので詳しく理解しておりませんがわくわくする製品ではないでしょうか!!素晴らしいですね〜

・ニコンデジタル一眼レフカメラ史上最強の被写体捕捉力を発揮する広域・高密度の153点AFシステム。

会心の一枚を生み出すため、D500が目指したのは、革新的なAF性能の実現です。位相差AFには、D5と同じマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールを採用。153点(選択可能ポイント55点)のフォーカスポイントが撮像範囲を極めて広く、高密度にカバーし、このうち99点をクロスセンサーとして、中央部と周辺部に効率よく配置しています。 

・約10コマ/秒で、14ビットロスレス圧縮RAWでも200コマまで継続可能な高速連続撮影

D500は撮像素子の高速読み出し、新画像処理エンジンEXPEED 5の高い処理能力、刷新したミラーシーケンスにより、約10コマ/秒の高速連続撮影が可能。レリーズタイムラグ約0.050秒という高速レスポンスと相まって、決定的な瞬間をより確実に捉えます。

・望遠での撮影に優位な高い機動力

D500はFXフォーマットの最上位機種であるD5とほぼ同等の最高性能を持ちながら、より軽快な望遠撮影が可能。DXフォーマットの撮影画角は、撮像素子の大きさの違いにより装着レンズの焦点距離の約1.5倍の焦点距離の画角に相当するため、FXボディーよりも小型・軽量のレンズとの組み合わせで望遠撮影が可能です。

・マルチメディアユーザーに必須の4K UHD(3840×2160)動画対応

D500はマルチメディアユースを考慮し、1080/60pに加えて4K UHD(3840×2160)30p/25p/24pに対応。新画像処理エンジンEXPEED 5により、ディテールに富んだ極めて鮮鋭感の高い映像が得られます。 詳細を見る 驚異的な処理能力で高画質を実現する新画像処理エンジンEXPEED 5驚異的な処理能力で高画質を実現する新画像処理エンジンEXPEED 5 D5と同じ最新の画像処理エンジンEXPEED 5が、驚異的な演算処理能力を発揮。撮像素子から高速で読み出されるデータを高速処理し、約10コマ/秒の高速連続撮影、4K UHD(3840×2160)/30p動画を可能にしています。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
背景、合成素材ならアマナイメージズ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
日本の世界遺産の素材が満載!アマナイメージズ